K-ya写真工房のコンセプト

プロの撮影技術で最高の一枚を

K-ya写真工房の写真は、命を吹き込んだいきいきとした写真。

“写真に命を吹き込む”ために「デッサン力」を重視

写真に命を吹き込むには、繊細な描写を生むためのデッサン力が必要です。世界的な画家として数多くの絵画を残した「ピカソ」は、絵画の基本であるデッサンを大切にしたといいます。私も写真撮影にはデッサン力がとても大切であり、“写真に命を吹き込むこと”に欠かせないものと考えています。 写真のデッサン力とは、「ライティング(光)」「構図」「カラーバランス」の3つをひとつにしたものです。3つのバランスが良いほど、よりその人を輝かせ、よりその人らしさを表現できると、そう信じています。デッサン力をともなった写真には、命が吹き込まれたかのような、いきいきとした一枚になるんです。

写真は、ライティングが命

写真は絵画と違い、光の影響を大きく受けます。5段階の明暗の光を組み合わせ被写体を立体的に見せることで、よりその人を輝かせ、よりご本人らしさを表現しています。

デッサン力のある写真をお撮りしています

当店はこのデッサン力を武器に、コンテストに入賞するなど、プロからの評価も得ながらさらにその技術の研鑽に努めています。

残念なことに、このデッサン力の価値を、「お客様には伝わりづらい」「そもそもデッサン力がない」という理由から伝えていない写真館も多いようです。また、価格競争が激化する昨今、作業効率を重視するあまり、デッサン力を無視して“数”を重視する写真館もあるという、残念な話も時折耳にします。

写真館はたくさんありますが、撮影依頼をする際には、自社の作業効率を優先するお店は避けてください。みなさまを輝かせ、それぞれの個性、存在感を引き出す「デッサン力」を大切にしている写真館で、素敵な記念写真を残してください。もちろん、当店にお任せいただければデッサン力を活かし、命を吹き込んだ写真をお撮りします。お気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る